スポンサーリンク

この方法で塩数の子の塩抜きは簡単にできます!

kazunoko

正月に食べる数の子は、プチプチとした食感が特徴の食べ物で、好物!という人も多いのではないでしょうか?

最近では外国産のものが増え、特にカナダ産、アメリカ産のものが品質もよく好まれている傾向にあります。

そのため遠くからの輸送ということもあり、保存のために塩漬けにされたのが塩数の子ですが、そのまま食べると塩辛くてとても食べることができません。

なので塩数の子は塩抜きが必要です。

今回は簡単にできる塩数の子の塩抜き方法を紹介します。

まず用意するものは、

●数の子:500g

●水:3ℓ(リットル)

●食塩:小さじ2杯

これだけです。

 

(1)まず大きめのボウルに水:3リットル、食塩:小さじ2杯を入れてよくかき混ぜます。

(2)食塩が溶けたら塩数の子500グラムを入れます。

(3)そのまま常温で3時間漬けっぱなし

(4)3時間経過したら、食塩水を取り替えます(取り替える食塩水も水:3ℓ、食塩小さじ2杯)

(5)この工程を3回繰り返すだけ。

以上です。

これで数の子の塩を抜くことができます。

この後、実際に味見をして、また塩気が気になるようでしたら、もう一度繰り返します。しかし塩を抜きすぎると逆に数の子のエグ味が出るので、抜き過ぎには注意しましょう。

 

【注意したい!よくある失敗例】

塩数の子の塩を抜く訳ですから、真水に浸ければ塩が抜けると思いがちです。確かに真水でも塩は抜けますが、時間がかかる上に水っぽくなり、また均一に塩が抜けないなどのデメリットがあります。なので薄い食塩水に浸けて塩を抜きます。

この手法は【呼び塩】、または【迎え塩】といい、塩の浸透圧の関係から、濃いほうから薄いほうに移る性質を利用したものです。

 

また詳しく動画で解説していますので、これをお手本にして、数の子の塩抜きにチャレンジして見てください↓


ダイエット効果も高い炭酸水の飲み方とデメリットとは

tansan

経済的で注目されているダイエットがあります。

それが炭酸水ダイエットです。

炭酸水ダイエットの第1のメリットは食べ過ぎ防止効果です。

炭酸水には炭酸ガスが含まれていますので、食事前に飲む事によって、体温で炭酸ガスが膨らみ満腹感を得る事ができます。

これにより食べ過ぎ防止になるんです。

2つ目のメリットは、血行促進の効果。

炭酸水を飲むと血中の二酸化酸素の量が増え、その二酸化炭素を流そうと血液の流れが良くなります。

血液の流れが良くなると、冷え性やむくみの改善に効果もあり、さらに内蔵の動きが活発になって便秘の解消にも繋がります。

3つめのメリットは休肝日がしやすくなる事。

夏など暑い時に仕事が終わって帰宅して一杯!という人も多いと思いますが、炭酸水の方がカロリーが低いんです。

これにより夜の過剰なカロリー摂取防止にも効果があるんですね。

ダイエット効果が高い理想的な飲み方は?

まず炭酸水を飲む際は、常温で飲む様にしましょう。

その理由は、冷たい炭酸水だと逆に食欲増進に繋がる恐れがあるからです。

 

量はどのくらい?

食前に500mlというのが効果的な飲み方ともいいますが、あまり無理して飲むことはありません。

 

いつ飲めばいいの?

食事の5分~10分前。または空腹の時など。しかし一度にたくさん飲むのではなく、1日3~5回に分けて飲むといいです。

こうやって見てみるとメリットが多い様にも見える炭酸水ダイエットですが、逆にデメリットもあります。

 

 

 デメリット1
1つめのデメリットは、冷たい炭酸水を多く飲むとオナカがユルくなってしまう事。

常温のものを飲むようにしましょう。

 デメリット2

2つめのデメリットは、げっぷが出やすくなってしまう事。

大切な人と同じ時間を過ごす時には注意したいですね。

 

 

知っておきたい炭酸水の注意点

 飲めば必ず痩せるというわけではない

そもそも炭酸水ダイエットの主な効果は、空腹感を炭酸水で満たして食べ過ぎ防止を狙う事にあります。

なので単に炭酸水を飲めば痩せるというワケではないんです。

ありがちなのが、ご飯やスイ-ツを食べ過ぎて、『炭酸水を飲めばリセットできる』というトンデモナイ勘違いをする事。

これでは逆に太ってしまいます。

 

 

 バランスの良い食事は必須

また炭酸水がダイエットに効果的といっても炭酸水を食事代わりにして、食べなくなるというのは間違いです。

炭酸水は、基本的に水と二酸化炭素。

人体が必要とする栄養素は、ほとんどありません。

また満腹感を得るからといって、食べないのは禁物。

少量でも栄養バランスの良い食事を摂らなければなりません。

 

 

 炭酸水は無糖のものを選ぶ

市販の炭酸水を使う場合、炭酸が入っていれば何でも良いというワケではなく、注意したいポイントがあります。

それは必ず無糖のカロリーゼロと表示されているものを購入する様にしましょう。

そうでないと、ダイエット効果があるどころか、逆に太ってしまうばかりか、糖分の摂り過ぎで健康にも害が出てしまうからです。
 炭酸水ダイエットをしない方がいい人

品川スキンクリニック表参道院 院長 黒田愛美先生によると、次の様な人は炭酸水ダイエットをしない方が良いとの事です。

 

●腎臓・心臓・肺機能に障害のある人

●消化管潰瘍のある人

●電解質失調のある人

●妊娠中、または授乳中の人。

 

 

私の炭酸ダイエットの経験ですが、なんと開始から2週間で2㎏の減量に成功したことがあります!

しかし基本的には大量の水を飲むことになるので、トイレが近くなったりするのもデメリットだと思いました。

また飲んだ後のペットボトルが大量に残ってしまい、処理に大変だったことなど。

でも確かに満腹感を得る事によって、食事の量も普段の半分くらいにすることができました。

あとは栄養バランスですね。

これに運動を加えれば、もっと効果もあると思います。

 

鏡餅を飾る日はいつからいつまで?そして飾る意味は?

鏡餅

鏡餅

日本の正月といえば鏡餅ですね。

でもなぜ飾るのか?そしていつまで飾るのかということは、あまり知られていないようです。

まず餅は、古来から神様に捧げる神聖な食べものとして位置付けされてきた食べ物で、祝いごとや祭りの日には欠かせないもののひとつでした。

また餅は保存が効く食べ物ということで、現代みたいに保存料や冷蔵庫が無かった時代には保存食としても重宝されてきた食べ物です。

愛知戦国史跡ナビゲーター・みかわのひでさんのブログによると、戦国時代にも出陣する時に兵糧(米)ではなく、餅を持っていき、戦場で焼いて食べるという事が行われていたそうです。

確かに米なら炊飯しなくてはいけませんが、餅なら水はいらず、焼いてすぐに食べる事ができますからね。

また餅は米に比べて排泄が遠くなるという作用があるとか。

戦場で常に緊張感に包まれている武者にとっては、トイレが近くては戦になりませんね。

 

 

 

 

【餅をついてはイケナイ日がある】

さて、昔はほとんどの家で正月用の餅つきをしましたが、餅はいつでもつけるというものではなく、餅をついてはイケナイ日というのがありました。

12月31につく餅を『一夜餅』、また29日につく餅を『苦餅』、または『憎まれ餅:(にくまれもち)』といって嫌いました。

正月に神様に供える餅ですから、縁起も担いだのですね。

そして正月に年神様に供える餅が鏡餅。

鏡餅はいつまでも飾っておくというものではなく、1月11日に鏡開きという行事が行われ、飾られていた餅はぜんざい、焼餅として食べられるのが一般的です。

 

 

 

 

【なぜ正月に餅を飾るようになったのか?なぜ丸いのか?】

ところでこの鏡餅はどうしてお正月に飾るのでしょうか?

古来より鏡餅は神仏に捧げる神聖な食べ物、特別な食べ物そして、神様と人間をつなぐものと考えられてきました。

また形も餅をふたつ重ねたものが一般的ですが、三つ重ねたものやあるいは紅白と色違いで重ねたものもあります。

そして地方によっては砂糖で固めて象ってあるものなど特色があるようです。

また鏡餅の形がなぜ丸なのか?

丸い餅は昔の鏡に似ているところから『鏡餅』と名づけられたという説があります。鏡というのは『三種の神器』の一つにもある『八咫鏡(やたのかがみ)』でも有名で、天皇家が代々、受け継いできている三種の神器のひとつでもにもあるように、古来、日本人にとっては宝物の象徴の形でもあり、また鏡には神様が宿るという言い伝えがある事から鏡の形を象ったお飾りを作り、一年の始めを神様と共にお祝いするという行事になったようです。

 

 

 

 

【鏡餅はいつからいつまで飾るの?】

鏡餅を飾る期間についてですが、飾り始めるのは正月前、できれば12月28日が良いとされています。理由は【8】が末広がりということで、縁起が良いんですね。

また飾るのは一般的には1月11日の鏡開きまでです。しかし京都と周辺では1月4日までしか飾らないというところがあり、理由ははっきり分かっていません。

今までなにげに食べてきた餅にも形の由来、意味があったんですね。

おせち料理の中に入っている各料理のいわれ

えび

おせち

おせち料理にはいろんな食材が入っていますが、そのひとつひとつに意味があるのをご存知ですか?

各料理の多くは縁起を担いだもので、めでたい正月に食べるにふさわしいということで、選ばれてきたものが多いです。

 

 

 

 

【紅白蒲鉾(こうはく かまぼこ)】

かまぼこ

日本を含めたアジアでは、紅(赤)はめでたさと喜び、白は神聖を表現しています。また紅白蒲鉾は日の出の意味もあり、おせち料理には特に欠かせない料理になっています。

 

 

 

【海老(えび)】

えび

海老はヒゲを生やし、腰が曲がるまで達者に暮らしたいという願いが込められた食材です。特に日本人は海老好きで、伊勢海老の様な大きなものからアミエビまでいろんな種類の海老がありますが、おせち料理には重箱に入り、ある程度食べ応えがある大きさのものを串焼きにして入れるのが定番です。

 

 

 

【お多福豆(おたふくまめ)】

お多福豆

文字通り『福を多く』招くという意味が込められた食材で、おせち料理以外にもめでたい席で出される食材のひとつ。またよく見ると形がおたふくに似ている事からこの名前が付けられました。

 

 

 

 

【牛蒡(ごぼう)】

ごぼう細く長く地中に埋まっている牛蒡は長寿を願った食材です。また『たたき牛蒡』は柔らかくなるまで煮た牛蒡を叩いて身を開いたものですが、これは開運を願ったものでもあります。

 

 

 

 

【するめ】

するめするめは『寿留女』という当て字があり、『寿』は幸せのことを示す文字なので、昔より結納の品として使用され、めでたい祝儀の膳に欠かせない品でもありました。また乾燥食品なので保存料が無かった昔は日持ちする食材として重宝されました。

 

 

 

 

【田作り(たつくり)】

たつくり

小魚は昔、田畑の肥料として使われていたもので、その事により五穀豊穣を願った食べ物としておせち料理にも使われています。また食文化が違う関東と関西でも田作りは祝い肴三品のうちのひとつとして定番となっています。

 

 

 

 

【伊達巻き(だてまき)】

伊達巻

江戸時代に外国から長崎に伝えられた料理に『カステラかまぼこ』というものがあり、それが江戸に伝わって、伊達者(シャレ者)が着ていた着物に似ていたので、この名前が付いたという説があります。また昔は文書や絵など大切なものは巻物にしていたので、おせち料理にも巻物は多くなります。

余談ですが伊達者は戦国武将の伊達政宗からきた言葉です。

 

 

 

 

【菊花かぶ】

菊花かぶかぶは冬が旬の野菜で、そのかぶを赤に染めて紅白にしたものが菊花かぶです。酢の物にしてあるので消化にもよく、また味が濃いおせち料理の箸休めにもピッタリの料理です。

 

 

 

 

【錦玉子】

錦玉子玉子の黄身⇒金、白身⇒銀に例えた金銀がおめでたいといわれる料理。2色を【にしき:錦】に語呂合わせしているという説もあります。

 

 

 

 

【栗きんとん】

栗きんとん黄金色に輝く栗きんとんは、黄金に例えられ豊かな一年を願う食材としても好まれてきたものです。また『勝栗』ということで、縁起が良い食べ物ということで、戦国時代にも武将たちが出陣するときに食べられた食材でもあります。

 

 

 

 

 

【紅白なます】

紅白なます(生:なま)の魚と大根、人参を(酢:す)で和えたものということで、『なます』という名前が付いたという説がある食べ物。この紅白なますもめでたい赤(紅)と白が組み合わさった食べ物で、酢で和えてあるので、餅などを食べた時の消化を助ける作用もあります。

 

 

 

 

【黒豆】

黒豆

『まめ』はもともと丈夫、健康を表現する言葉として用いられ、『まめに働く』といった語呂合わせからも一年の繁栄を望む食材として好まれてきた食べ物です。

 

 

 

 

【昆布巻き】

昆布巻き昆布は『喜ぶ』の言葉にかけられる食材で、戦国時代にも出陣前に食された縁起が良い食材のひとつです。また正月の鏡飾りにも用いられる等、一家の発展を願う縁起ものでもあります。特におせち料理では、煮しめの結び昆布、昆布巻といろんな種類がありますよね。

 

 

 

 

 

【小肌栗漬】

小肌粟漬小肌(こはだ)は、コノシロという魚の幼名。ということで、これから大きくなりコノシロと呼ばれる魚になるので出世魚として好まれ、縁起も良いとされてきました。

 

こうやて調べてみると、なにげに食べているおせち料理にもちゃんとした由来があるのですね。

一年の中でも特にめでたいといわれる正月。

縁起を担ぐ料理で、その一年を祝いたいですね。

おせち料理の意味

おせち

おせち

今ではすっかりお正月の定番料理になったおせち料理。

おせち料理の起源は、中国から伝わった五行説にちなみ、暦の上での節句の時期に食べられていた料理です。

その節句の中で一番目にあたる元旦に食べる料理を【おせち】という様になりました。

もともと朝廷で食べられていたものですが、江戸時代になると武家の作法が組み込まれ発展していき、江戸時代後期になると庶民にも広がった様です。

現在では当たり前の様に食べられているおせち料理ですが、調べてみるといろんな意味がある事がわかります。

■正月に火を使わない
正月は神聖な日ということで、神と共食する雑煮を作る他は火をできるだけ使わないためにおせち料理の品々は保存がきくものが多いんです。
そのためにあらかじめ火を通したもの、日に干したもの、酢に漬けたものがほとんどです。また正月くらいは女性を家事から開放するためという説もあります。
■重箱
おせち料理を入れる容器には、重ねる事ができる組重という重箱を使います。これは『めでたさを重ねる』という縁起を担ぐ意味です。
また四段、もしくは五段が正式なものとされ、四段重は春夏秋冬という季節の意味合いで、『しのじゅう』ではなく、『よのじゅう』と呼びます。
これは『四』が『死』を連想させるため不吉なので『よのじゅう』と呼びます。また五段目の意味は、諸説があり、
・『来年は重箱をいっぱいにできますように』と何も入れない
・多めに作りすぎた料理を入れる予備のための重
・酢のものを詰める
という説があります。
■詰める料理にもルールがある
重箱は一の重、二の重、三の重…と続きますが、重箱に詰める料理にも決まりがあるのをご存知ですか?
一の重⇒ 祝い肴のうち三つ肴と口取り
二の重⇒ 焼き物
三の重⇒ 煮物、もしくは酢のもの
四の重⇒ 酢の物、もしくは煮しめ
五の重⇒ 諸説あり
こうやって見てみると、単に詰めればいいという訳ではないことが分かりますね。ちなみに黒豆、田作り、数の子といった祝い肴は、通常は一の重に詰められるのが普通ですが、別の入れ物に盛り付けられることもあります。
昔は各家庭で作られたおせち料理ですが、最近はデパートや料亭など、いろんなおせちが考案され、インターネットでも気軽にいろんな御節料理を購入できるようになりました。
年に一度しか食べない料理でもありますので、歴史を感じながら頂きたいですね。

スポンサーリンク